会社案内

三愛製作所は、1965年(昭和40年)に初代社長の坂本義治が個人で創業。
以来50年以上にわたって、精密機械部品加工分野で一品一様のオーダーメイドのものづくりに取り組んできました。
2007年(平成19年)、二代目社長に寺脇寛が就任し、2015年(平成27年)には埼玉県北足立郡伊奈町の現事業所に移転。現在、約8,000品を数える既存品や新規の機械部品加工に挑み続け、日本の産業の発展に貢献しています。

ご挨拶

お客様の期待を上回る高精度&ワンストップの精密機械部品加工を提供

現在、金属加工業界は、IT化や技術革新を背景に、お客様から求められる品質レベルがますます高度化しています。その一方で、あまり高い精度を必要としない加工品は、工賃の安い東アジアなど海外に流れているのが実情です。このように厳しい環境下の中でも、私たち三愛製作所が長年にわたってお客様から選ばれ、着実な成長を続けている理由は以下だと言えます。

  1. 納期管理の徹底
    営業担当である社長がお客様との窓口となってコミュニケーションを保ち、社内の製造部と連携しながら、確実に納期管理を行っています
  2. 品質へのこだわり
    ミクロンレベルを高い精度と美しい外観など、お客様の要求レベルのその上を目指します
  3. 臨機応変な対応
    小ロットや短納期への要望にも、柔軟にお応えします
  4. 厳格な検査体制
    確かな目を持った、熟練担当者による検査を徹底しています
  5. ワンストップ対応&完品での納品
    外部協力会社との連携体制のもとで、熱処理、研磨、メッキ処理などにもワンストップで対応し、完品で納品いたします
  6. 活気ある社内環境
    平均年齢28歳という伸び盛りの若い社員が多く在籍。活気にあふれる環境です

代表取締役 寺脇 寛

三愛製作所が日頃から大事にしているのは、「自分が納得できない製品は決して作らない」ということ。
最近では、より高い技術水準が求められる試作・開発品づくりなどの新しい事業分野に挑戦し、将来的には自社製品の開発ができるような会社に成長することを目指します。今後とも、ご愛顧・お引き立てを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

経営理念


三愛製作所で働く者は、日本経済の発展に寄与し、

自分を含む全ての人が豊かな生活を送れるよう努力します。


この経営理念は、三愛製作所の創業社長である坂本義治が起草し、現在も大切に受け継いでいるものです。この理念にあるように、社員一人ひとりが世の中に貢献しているという自負心を持って仕事に取り組むことを大切にしています。

経営方針


1. 私たちは三愛製作所で働く人を愛します。  

2. 私たちは三愛製作所に関係する人を愛します。

3. 私たちは三愛製作所で製造した物を愛します。


三愛製作所が経営方針として掲げているのは、社名の由来になっている「社員」「関係者(仕入先、得意先)」、「製品」の3つを愛する精神です。私はたちは会社の財産だと言える人材を何よりも大事にすることを基本に、事業にかかわる関係者を大切にし、その結果として生まれる製品の価値向上を図ることを目指しています。

沿革

昭和40年1月8日個人にて三愛製作所を創業
昭和45年12月8日有限会社三愛製作所を設立
代表取締役に坂本義治を就任
平成19年5月1日代表取締役に寺脇 寛を就任
平成30年12月21日有限会社から株式会社に変更

会社概要

会社名株式会社 三愛製作所
代表取締役寺脇 寛
資本金700万円
本社〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室5882
TEL048-689-3550
FAX048-689-3553
製造品目一般機械加工部品・特殊ネジ・ピストン・ピン・シャフトetc
従業員工員…4名 検査員…2名 事務員…2名
取引銀行みずほ銀行 上尾支店
埼玉りそな銀行 東大宮支店
武蔵野銀行 東大宮支店
大光銀行 上尾支店
主要取引先株式会社 日立ニコトランスミッション大宮事業所・加茂事業所
YKKスナップファスナー 株式会社
株式会社 工進精工所
株式会社 昭和技研工業
株式会社 大宮マシナリー
株式会社 協和精機
原田産業 株式会社
みすゞ機械工業 株式会社
アイケーメタル 株式会社
白岡冶金 株式会社
伊奈機工 株式会社
株式会社 丸山製作所

アクセス

事業所

会社概要

会社名株式会社 三愛製作所
本社
〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室5882
TEL048-689-3550
FAX048-689-3553